アルヴァスとは

シェアする

弊社の屋号である「アルヴァス」とはサルデーニャ語で「白」という意味です。

サルデーニャ語はイタリア領サルデーニャ島で話されるインド・ヨーロッパ語族イタリック語派(ロマンス語)の言語です。(ウィクショナリー日本語版より)

同じインド・ヨーロッパ語族イタリック語派であるラテン語では「albus」と書き、同じく白という意で、他にも「善」や「正義」といったことを表すこともあるそうです。

自分の心に素直に、自分の中の正義にしたがって、自分が思う道を突き進もう。

楽しいときも、たとえもがき苦しむことがあっても、常に自分らしくあろう。

どんな時も自分らしく前向きに力強く生きよう。

そして、お客様が自分らしく自分の道を進むためのサポートをしていこう。

そんな思いを表す言葉として「アルヴァス」とつけました。

また、弊社は白を表す名前でありながら、コーポレートカラーは赤です。

ロゴでは赤の背景に文字が白となっています。

真っ直ぐな気持ちで、自分の道を進むには、それ相応の意思と覚悟と情熱が必要です。

そんな強い意志と情熱を表すためにコーポレートカラーを赤とし、すべての意味を象徴するよう、ロゴでは白と赤を組み合わせています。

シェアする

フォローする